花笠音頭について

花笠音頭
花笠音頭は、毎年8月にスゲ笠に赤い花飾りをつけた花笠を手にし、
街を踊り練りあるく祭に演奏されます。
この祭りは、山形市内で行なわれるものが広く知られているが山形県内数か所でも開催されています。
東北三大祭りに山形の花笠まつりを加えて東北四大祭りと呼ぶ人もいます。

花笠音頭の由来
花笠まつりで歌われる花笠音頭の由来は色々ありますが、
大正中期に尾花沢で土木作業の時、リズムを合わせるのに歌われた土突き歌が由来と云われています。
それが昭和の初めに民謡化され花笠音頭となった。

踊りの由来につきましては、菅で編んだ笠に赤く染めた紙で花飾りを付けた物を、
調子づけに振り回したりしたのが初めだと云われています。

花笠おどりの種類
花笠おどりの振り付けは山形県内各地に約10種類ほどの振り付けがあった。
それらの振り付けが、昭和38年に統一され正調花笠踊り薫風最上川が制定され、
標準的な振り付けとなった。
元来、紅花摘みの作業唄だったので、その動作は男性向きではなかった。
そこで、豪快な動作を取り込んだ正調花笠踊り蔵王山暁光が平成11年より採用されて
薫風最上川に並ぶ標準振り付けとなっている。
また、尾花沢で踊られている笠回しで参加する団体もある。

山形市における花笠まつり
山形市の伝統行事は元来、義光祭であったが、
山形新聞、山形交通の社長でもある服部敬雄氏の提案で、
山形市の花笠まつりが始まったと云われている。

民謡カラオケ集へ戻る

ホームページトップ作詞・作曲投稿コーナー会社概要商品説明
プラムレコード
〒311−1301 茨城県東茨城郡大洗町磯浜町 6798−5
Copyright (C) 2002 T. K.