私の音楽制作講座(皆さんの制作法などをご紹介ください。レスもO,Kです)
[HPトップに戻る] [留意事項] [ワード検索] [過去ログ] [管理用]
お名前(必須)
合い言葉(必須) 合い言葉には”あい”と入力して下さい。
題名(任意)
記事(必須)・・・・・・2007.11.12〜
ホームページ
暗証キー (文章メンテ、削除用)

Eメールアドレスを公開したい方は
Eメールアドレス掲示板の方へお願いいたします。
入場パスワードは"pl"(ピー、エル)です。
作詞・作曲投稿コーナーへ戻る

[94] 音楽ファイルの作り方 投稿者:管理人 投稿日:2009/12/11(Fri) 00:43  

インターネット上には沢山の素晴らしい音楽ファイルがあり
毎日のように聞いて楽しんだり勉強したりしています。
しかしながらクリックしても、なかなか音楽が始まらなかったり
音量が低くて聴きづらい物も多くあります。
快適に聞いていただくためには聞きやすいファイルを作る必要があります。
まず、出だしはクリックしたら直ぐ聴けるように無音の部分は0.5秒くらいが適当かと思います。
音楽終了後は5〜6秒無音の部分があった方がCDーRなどに取り込んだ時に便利です。
音量は、割れたり歪んだりするギリギリ手前がベストです。
デジタル音はレベルが低いと音痩せするので出来る限り大きい方が良いのです。
もちろん内容が大事ですが、聞きやすいファイル作りも重要です。


[93] ミキシングエンジニア 投稿者:管理人 投稿日:2009/11/05(Thu) 00:51  

音楽を最終的に仕上げるミキシングエンジニアは重要なものです。
レコーディングにおいても、P.A(拡声)にしてもミキシングエンジニアの腕次第です。
最近、歌の発表会やカラオケ大会などを聞く機会が多いのですが
良いP.A(拡声)には、めったにお目にかかりません。
ほとんどは高音がギンギンに効いたサウンドになっていました。
原因は、ミキシングエンジニアの方が高齢なためです。
人間、年齢と共に高音が聞こえなくなってきます。
そのため高齢の方がイコライザー(高音、低音の音質調整)の調整をすると、どうしても高音を効かせ過ぎてしまうようです。
私もネットで定期的に聴力検査しているのですが、年々高音が聞こえなくなってきています。
そこで一言”イコライザーの調整はフラットに”
使用するときは高音や低音を減衰させるためにだけ使うべきだと思います。

音楽制作に携わる方は、是非チェックしてみてください。
http://masudayoshihiro.jp/software/mamimi.php


[92] ミキサー 投稿者:管理人 投稿日:2009/10/28(Wed) 01:38  

最近、アナログミキサーに買い換えました。
私の使っている音源は、ほとんどがアナログ音出力なので
アナログミキサーでまとめ最終的にデジタル音にする方が
良いようです。
以前は大変に便利なのでデジタルミキサーで編集していたのですが
入力端子が不足してきたので安価でも入力端子が多いアナログミキサーに変えたわけです。
24インプットで余裕の編集が出来ます。
インプットチャンネルの設定は煩雑になりましたが
音には厚みが益したように思います。


[91] これも結局 投稿者:流 京春 投稿日:2008/12/01(Mon) 19:53  

釣りだったんですねえ


[90] 北山さま 投稿者:管理人 投稿日:2008/11/13(Thu) 00:12  

残念ながら私MU2000もSC88Proも使ったことが無く
お答えできません。

流 京春さま。
お書き込みいただきありがとうございます。

今やSC88などのDTM音源が主流なのですね。
私は20年以上前の音源などを使っています。機材に付きましては下記URLを御覧ください。
http://www.plamrec.com/kizai.htm
古い機材には良い音のものもあり、なかなか手放せません。
基本的には一つの音源で一つの音を使っています。
もちろん、いくつものパートにして色々な音色を出せますが
一つの音源で一つの音を出した方が音が太いです。
また、その様にして色々なメーカーの音源を使った方が音色にメーカー色が出ないのでベストです。
ソフトシンセも使っていますが、まだ良い音が見つかりません。


[89] 横からすみません 投稿者:流 京春 投稿日:2008/11/12(Wed) 07:24  

よけいなおせっかいかもしれませんが、MIDI音源複数使用との事、答えは「出来る」になります。

具体的方法は、MIDI音源の設定は普通ポート単位で設定します。ポート1=16トラック(1-16トラック)ポート2=(17-32トラック)また、音源それぞれが複数のPARTを持っているはずですので私の例ではSC8850がPartAからPartDまでの4ポート設定出来ます16*4=64トラック使用出来ます、それにMU128が2Partだったかな?合計で96トラック使用可能です。

MU2000はUSB、88Proはシリアル接続だと思いますが、併用同時使用可能です。只、音を出すのに同じスピーカーから出さなくては意味が無くなりますが、私の場合、MU128の出力をSC8850の入力端子に繋いでいます(この端子は素通り用)でSC8850の出力端子からアンプに出力して、両音源の音が同じスピーカーで鳴るようになっています。

横合いから失礼しました。




[88] ハード音源 投稿者:北山 投稿日:2008/11/10(Mon) 08:22  

管理人さんお久しぶりです。実は私今までヤマハのMU2000を使って居たんですが、どうも今ひとつ音が気に要らない所があって
最近ホームで中古を見つけたので購入しました、付きましては大変ご迷惑かとは存じますが、ハード音源はひとつの曲にトラック別に音源を分けて使えるのでしょうか?もし使えるのであれば簡単な図を書いて教えてくれませんか。買ったのはローランドのSC88puroです宜しくお願いします。


[87] ブラボー77 さま。 投稿者:管理人 投稿日:2008/04/24(Thu) 00:28  

そうですね。
元々低音は指向性がないので何処へ置いても大丈夫なようです。
高音になるほど指向性があるので左右にちらした方がステレオ感が出るようです。


[86] ベースのパンポットについて 投稿者:ブラボー77 投稿日:2008/04/21(Mon) 12:29  

ジャズやビートルズ等の初期のロック(50年代〜60年代の時代)では、ベースを右チャンネルにおいていたようですが、
最近の音楽を聴いてみると、管理人様のおっしゃる通り
ベースはセンターにおいていますね。
その方が、ベースが他の楽器と親和性がよくなり、
音に立体感が出るようです。


[85] 手順が重要ですね。 投稿者:管理人 投稿日:2008/03/26(Wed) 00:29  

流さんから送っていただいたプロジェクトファイルに映像を作るのではなく
音声を基準に映像を組み立て映像ファイルを完成させストックし
その後にプロジェクトファイルを読み込み、その後でストックしておいた映像ファイルを読み込み細かい編集をしています。
その方がトラブルが少なくて良いです。

そのようにして
「ゆっくら館音頭」が完成できましたので皆様是非ご覧ください。歌入りヴァージョンです。
http://www.plamrec.com/SndChk.htm




[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9] [10]
処理 記事No 暗証キー


プラムレコードTOP 作詞(歌詞)作曲投稿 YOSAKOI音楽 YOSAKOI風ダンス音楽 ケータイHP
概要 業務案内 作品紹介 演歌作詞作曲用CD


- LightBoard -